(満員御礼)【2/6セミナー】人事部門の働き方改革の実現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼このような方におすすめです
・働き方改革対応により肥大化した労務管理業務を最適化したい
・勤怠管理システムを活用し生産性向上を実現したい
・給与業務アウトソーシング導入によりコア業務に集中できる環境をつくりたい


働き方改革対応が始まりもうすぐ1年。

従業員の残業削減が進む一方、
人事部門は労務管理や従業員個別の対応に追われ、
業務の負担が増えていないでしょうか。

 

従業員全員の残業削減、生産性向上を達成してこそ
働き方改革の成功といえます。

 

本セミナーでは、勤怠管理の課題解決と給与業務のアウトソーシングの両方向より、
人事部門の働き方改革を実現する方法を、具体的な事例を交えご紹介いたします。


▼開催概要
日時 2020年2月6日 15:00~17:00(受付開始 14:30)
会場 日比谷セントラルビル21階セミナールーム(株式会社ビジネスブレイン太田昭和 本社)
   https://www.bbs.co.jp/corporate/access/
主催/共催 株式会社BBSアウトソーシングサービス/株式会社クロスキャット
定員 40名


▼お申込みフォーム
https://home.bbs-os.co.jp/contact/

「お問合せ項目」より、「セミナー」をご選択ください。

2名様以上ご参加される場合、
お問合せ内容欄に同席される方のお名前をご入力ください。

【問合せ先】
営業部  橋本 肇(はしもと はじめ)
     赤芝 知則(あかしば とものり)

Tel:03-6758-2530
E mail:mail_bulas@bbs-os.co.jp


▼講演詳細
【第1部】人事部門働き方改革 勤怠課題解決と生産性向上
講師:松島 充季
  (株式会社クロスキャット 営業統括部 ソリューション営業部)


働き方改革対応により勤怠管理に関連する業務は肥大化しています。

残業を減らす為、管理を行う為の業務が増え、働き方改革本来の
目的である「生産性向上」が実施できていない企業が多いのではないでしょうか。

本講演では働き方改革/勤怠管理にまつわる各課題とその解決事例、
次のステップとしての生産性向上に向けた取り組みをご紹介させていただきます。

 


【第2部】人事給与業務の効果的なアウトソーシングの方法
講師:杉野 敏也
  (株式会社BBSアウトソーシングサービス 取締役常務執行役員)


働き方改革の推進、エンゲージメントの向上等、
人事が従業員に寄り添う必要性が高まっています。
その結果、労務管理業務や従業員個別の対応に追われ、
組織設計や育成など人事部門本来の課題に着手できない企業が増えています。

 

従業員満足度を落とさないで労力を下げ、企業人事としての課題に取り組める
ひとつの方法としてアウトソーシングの活用が考えられますが、
単に作業を外部化することは、従業員の不満を高めるリスクがあります。

 

私たちがご提供する人事給与アウトソーシングサービス「Bulas」を活用し、
アウトソースすべき業務と内容はどうあるべきか?
自社に残すべき業務は何か、具体的な事例も踏まえ、ご紹介いたします。